福井県で振袖レンタルをお考えの方へ!成人式での注意点をご紹介!

福井県で振袖レンタルをお考えの方はいらっしゃいますか。
成人式は人生に一度しかない大切な行事です。
しかし、成人式当日は振袖の着付け以外にもメイクやヘアセットがあるため、朝から忙しい場合が多いでしょう。
忙しいからこその注意点がいくつかあります。
そこで今回は、成人式での注意点をご紹介します。

□成人式当日の注意点とは?

成人式に参加するにあたり、当日はどのようなことに注意したら良いのでしょうか。
ここでは、当日の注意点をご紹介します。

*時間に余裕を持って行動する

着付けやメイク・ヘアセットの時間はあらかじめ予約して決まっている場合が多いでしょう。
そのため、事前にある程度の当日のスケジュールは把握できるはずです。
1つの予定が遅れてしまうと、後の予定もそれに影響されて遅れてしまうでしょう。
そのため、可能な限りスケジュールよりも早めに行動し、時間に余裕を持っておくのがオススメです。

*着替えがしやすい服を着ていく

一般的に着付けはメイクやヘアセットの後に行われる場合が多いため、成人式当日は髪の毛やメイクが崩れないように注意して服を脱ぐ必要があります。
首元から上を通すタイプの服は顔や髪に触れることで崩れの原因となりやすいため、当日は脱ぎやすい前開きの服を着ていくようにしましょう。

□トラブルの対処法をご紹介!

振袖を着ていれば、気をつけていても着崩れしてしまう可能性はもちろんあるでしょう。
ここからは、よくある着崩れの事例と、その対処法をご紹介していきます。

まず1つ目は、襟元がゆるんだり、浮いてしまったりした場合です。
これは、振袖を着た状態で腕を上げるといった動作をすることで起きやすいトラブルです。
この場合は、片方の手の人差し指を襟に沿ってすべらせ、上前の襟元のゆるみを帯揚げと帯の中に押し込みましょう。
その後、帯の下のおはしょりを少し引き、ゆるみを伸ばせば解決します。

2つ目は、袖が出てきてしまった場合です。
立つ・座るといった動作を繰り返していると、袖が出てきて見映えが悪くなりがちです。
そんなときは、シワやたるみを後ろのおはしょりの下に押し込みましょう。
そして、その後におはしょり自体を伸ばして整えます。

3つ目は、帯がきつい場合です。
着付けをした際は平気でも、食事をするとどうしても帯がきつくなりがちです。
その際は、帯締めを両手でつかみ、少しだけゆるめましょう。
しかし、ここでゆるめ過ぎると着崩れの原因になるため注意しましょう。

これはあくまでも少しだけゆるめたい場合の応急処置です。
もし改善しなければ、着付けをしてくれる方を探して対処していただきましょう。

□まとめ

今回は、成人式での注意点をご紹介しました。
成人式当日は、スケジュールを事前に把握し、時間に余裕を持って行動しましょう。
そして、着慣れていない振袖を着るため着崩れはどうしても起こりやすいです。
その際は、今回の記事でご紹介した対処法がお役に立てれば幸いです。