振袖に込められた意味とは?振袖レンタル専門店がご紹介します

成人式に向けていろいろと準備を始めている方もそうでない方も、振袖を選ぶ際に何を重視しますか。
多くの方が、色や柄に注目して選ぶと思います。
実は、振袖を選ぶ上で重要になってくる色や柄には意味が込められています。
そこで今回は、福井の専門店が振袖に込められた意味についてご紹介していきます。

□振袖の歴史とは?

そもそもなぜ成人式で振袖を着るのでしょうか。
日本には昔から成人を祝う通過儀礼が存在していました。
これには男性・女性それぞれが髪型や装いを変えて目に見える形で成長を祝い、大人になることへの自覚を芽生えさせる意味がありました。

そのため、現在の成人式で振袖を着るのもこの古くから存在する通過儀礼と同じく、装いを大きく変えて成人式を行うことで、成人したことへの自覚を持たせるという意味があります。
そんな式にふさわしい衣装が未婚女性の第一礼装である振袖なのです。

そして、振袖の袖の部分が大きく揺れると「厄を払う」とされており、人生の門出の日に改めて「身を清める」という意味があることも、振袖が着用されるようになった理由の1つとされています。

□色や柄にも意味が込められている?

色とりどりで鮮やかな振袖ですが、実は使われている色や柄にも意味や役割があります。
そのため、それぞれが持つご利益や与えるイメージを知っておくと、自分にピッタリの振袖を見つける際の参考になるかもしれません。

*色

まず、振袖の代表的な色と言えば赤でしょう。
赤は太陽や火の色でもあることから神聖な色とされています。
そのため、身につけることで厄を払う魔除けの意味があります。

他にも、ピンクは可愛らしさと柔らかい印象を与え女性らしさがアップします。
緑は、植物などの自然を連想させる色で穏やかで安定感のある癒しのイメージを与えられるでしょう。

*柄

柄にもたくさんの種類があります。
例えば、代表的な牡丹の柄には高貴さや壮麗さ、幸福という意味が込められています。
柄が豪華なことから、1番目立つ前身ごろにあしらわれることが多いです。
そのため、振袖をゴージャスな印象にしてくれるでしょう。

他にも扇の模様には、その末広がりの形から家の繁栄や発展が広がることを意味しています。
女性らしさを演出してくれる梅の模様は、安産祈願の意味が込められており、昔から日本人に特に愛されてきた桜の模様は、新しい門出を意味しています。

このように、振袖に込められた意味を理解すれば振袖選びがより楽しくなりますよ。

□まとめ

今回は、振袖に込められた意味についてご紹介しました。
振袖に込められた意味を理解すると、振袖選びの基準が変わるかもしれません。
振袖レンタルをお考えの方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして振袖を選んでみてはいかがでしょうか。