振袖レンタルをする方へ!着付けの際に自分で用意するものについてご説明します!

「振袖を着るときに自分で用意するものってあるのかな」
福井に住んでいて成人式の振袖レンタルを検討されている方で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は着付けの際に自分で用意するものについてご説明します。
自分で用意する振袖の小物もご紹介しますので、参考になれば幸いです。

□自分で用意する振袖の小物について

振袖をレンタルするか、購入するかで自分で用意するものは変わります。
振袖をレンタルする場合は、肌に直接つける下着や、振袖の下に着る肌襦袢といったもの、より着物をきれいに見せるための補正用タオル、裾よけ、足袋などを用意します。

振袖を購入する場合は、小物も含めて用意することになります。
振袖が着崩れしないようにするための腰紐や、和装ベルト、襟を立てるための襟芯、帯の形を整える前板、帯枕などたくさんの小物が必要になります。
レンタルにしても、購入にしても用意するものはたくさんあります。
成人式の当日になってから慌てないためにも、事前に必要なものをしっかり確認しておきましょう。

□自分で着付けを行う場合に用意するものとは

振袖はレンタルをしても、着付けは家で行うという方もいますよね。
その場合に用意しておくと便利な小物をご紹介します。

1つ目は、襟止めクリップです。
これは、襟をきれいに立たせるために重要な小物です。
このクリップは、家庭にある洗濯バサミで代用できません。
もし新しく買うのであれば、襟幅の長さを調節する際に非常に役立つ、目盛りつきのものを選ぶことをおすすめします。

2つ目は、三重ゴム紐、四重ゴム紐です。
振袖にとって大切な帯を結ぶときに必要な小物です。
帯結びを初めて挑戦する方であっても、これがあればより簡単にできます。

3つ目は、コーリングベルトです。
このベルトは、着崩れを防げるアイテムで、着物に慣れておらず腰紐を締めすぎて苦しくなってしまうことを避けられます。
腰紐は最低でも5本は必要な上に、手間がかかり着崩れもしやすいので初心者の方はこちらを用意するのがおすすめです。

また、成人式には裾よけストッキングが必需品になります。
これは、足袋の下に着用するストッキングです。
寒さ対策にもなるので用意しておくと良いでしょう。

□まとめ

着付けの際に自分で用意するものについてご紹介しました。
自分で用意する振袖の小物は、振袖をレンタルするか購入するかで変わるため、そこも意識しながら選択すると良いでしょう。
自分で着付けをする場合、特にあまり慣れていない方は紹介したアイテムを使用すると楽に着付けができるのではないでしょうか。