振袖レンタルをお考えの方へ!レトロな振袖はいかがですか?

振袖レンタルをお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、レトロな振袖です。
レトロとは「懐古的な」という意味で、流行を取り入れつつ個性を表現できる魅力があります。
またレトロな振袖には椿や紫陽花、金魚などの柄がよく使われます。
そこで今回は福井で振袖レンタルをお考えの方に、レトロな振袖の魅力を紹介します。

□レトロな着物とは

レトロと聞いてどのようなイメージを持ちますか。
レトロとは「懐古的な」という意味で、大正時代や昭和時代のような懐かしさを感じさせる柄のことです。
このような着物は、着こなすのが難しいという印象があるでしょう。
しかし和装との相性が良いので、最近では人気が高まっています。

また、個性派で他の人と被らないという強みがあります。
成人式はなるべく他の人と差別化したいですよね。
レトロ柄は、原色を取り入れたカラーリングなどの幾何学模様が特徴的です。
派手な色や落ち着いた色もあるので、自分らしさを表現できます。

他にも帽子や小物で合わせることで、よりオシャレになります。
このアイデアには驚く方も多いのではないでしょうか。
特に大きめのハットやベレー帽との相性は抜群です。
上級者スタイルにしたい方は、ブーツを履いてアレンジするのも良いでしょう。

□レトロ振袖の種類を紹介します!

レトロ振袖には、1つ1つの柄に意味が込められているのをご存知ですか。
ここでは、主な3つの柄とそこに込められている意味について紹介します。

1つ目は、椿です。
椿には「永遠の美」という意味があります。
これは代表的な柄で、可憐な印象を与えてくれます。
また柄は大きく描かれるので、高身長の方におすすめです。

2つ目は、紫陽花です。
これは浴衣で主に使われ、「辛抱強い愛情」という意味が込められています。
柄は1つの大きな紫陽花として描いています。
そのため、誰が着ても似合うでしょう。

3つ目は、桜です。
「新しい門出」という意味を持つこの柄、は華やかで明るい雰囲気を出してくれます。
特に女性らしく柔らかな印象を与えたい方にはぴったりなのではないでしょうか。
花がところどころに散りばめられているので、低身長の方におすすめです。

□まとめ

今回は福井で振袖レンタルをお考えの方に、レトロな振袖の魅力を詳しく紹介しました。
レトロな振袖は、流行を取り入れつつ個性を表現できる魅力があります。
また、椿や紫陽花、桜などの柄がよく使われます。
振袖レンタルをお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。