成人式がコロナで延期になったら?予約の時の注意点を解説

福井で成人式を控えている皆様、新型コロナウイルスのワクチン接種はお済みでしょうか。
ワクチンが済んでも、安心はしきれませんよね。
何が起きるか分からない新型ウイルスあるため、成人式の突然の延期にも備えておきましょう。
今回は、成人式がコロナで延期になったときに備えた予約の時の注意点を解説します。

□コロナ禍である昨年度の成人式はどのように行われた?

昨年度の成人式はどのように実施されたか気になりますよね。
昨年度1月11日は、新型コロナウイルスの感染が再拡大している状況でした。
全国的にみると、苦渋の決断のうえで成人式を中止した自治体もありました。

しかし、20歳は一生に一度です。
安心と安全が第一ですが、なんとか新成人の方々の幸せなイベントを開催しようと各自治体も奮闘していました。
食事会の中止や集合写真の撮影の中止などさまざまな制約はあるものの、感染対策をきちんと行ったうえで式自体を開催する自治体も少なくありませんでした。

福井では、コロナ禍を理由に越前町が中止、池田町が延期の決断をしました。
その他の4つの市町村では、急遽大雪のため開催を見合わせた形となりました。

□コロナ禍で成人式が延期または中止になったときはどうする?

コロナ禍で成人式が延期または中止になったときはどのように対応すればよいのでしょうか。
不可抗力による新成人の身体を想っての決断であるため、市区町村には責任追及ができません。

成人式が延期または中止になったとき、事前に予約している振袖のレンタルおよび当日の着付けとヘアセットはキャンセルすることになります。
直前になるとキャンセル料がかかる場合があります。
市区町村の意向が発表され次第、速やかにキャンセルの旨をご連絡ください。

しかし、成人式がたとえなくとも、ご家族や身内の少人数でお祝いするほか記念撮影を行うのはいかがでしょうか。
ずっと期待していた振袖姿になること自体は禁止されません。
成人式が延期または中止となっても、予約自体はキャンセルなさらずに、振袖を着て両親に気持ちを伝えたり、ごく親しい仲間たちで写真を撮影しあったりすることも良いかもしれません。

□まとめ

今回は、成人式がコロナで延期になったときに備えた予約の時の注意点を解説しました。
心得をきちんと守って、安心・安全を第一にお過ごしください。

福井で成人式の振袖をお探しなら、是非当社にご相談ください。
コロナ禍でもお客様が最高の思い出が作れるように最善を尽くしてお手伝いいたします。